ヒプノセラピーの次は

そうして、何度もヒプノセラピーを受けているうちに先生から天使の話やレメディのことを教えてもらい、天使のカードや本を購入したり、レメディを購入したり、先生のサロンの常連になりつつある頃のことです。

私はしんどくなるとすぐ先生に電話をかけるようになってきました。先生なら解決してくれると思っていたのです。先生依存です。

ある日もいったん昼休みに外に出ると会社に戻るのが辛いという時がありました。そこで先生に電話をして、夕方セラピーの予約を入れました。

ダウジングをしながら話を聞いた先生は「憑依されてるね」と言いました。「ひょ、憑依?」と言いようのない寒気に襲われたのを覚えています。子どものころにテレビで観た「あなたの知らない世界」を思い出しました。「ちょっと◯◯ちゃんにみてもらお」と先生の娘さんを呼んできました。

先生の娘さんは霊能者だそうです。娘さんが来られて私をみるなり、うんうんと頷きました。「憑いてるよね」とまた先生が恐ろしいことを言います。お話を聞くと憑依されているのは、私ではなく主人の方でした。娘さんは「◯◯町の交差点にあるお好み焼き屋にいた霊がお好み焼きを食べに来た家族を見て、このご主人なら話を聞いてくれそうとついてきた」と言うのです。確かに最近そのお好み焼き屋さんに行った私は、観念して先生に除霊をお願いしました。

除霊は娘さんが霊の話を聞き、先生の般若心経で成仏させるというものでした。

締めはヒプノセラピーと同じです。先生曰く、どれだけ霊を成仏させるかでお金の巡りが変わってくるそうです。またしても真に受けた私は足しげく除霊に通うことになるのでした。