本当の自分とは

本当の自分を探し始めたのはいつごろなんでしょう。

本当の自分を意識し始めたのはいつごろなんでしょう。

さあ・・・ずいぶん前です。

そもそも、本当の自分を見つけたいなんて、なんでそんなこと思うかな。自分に「本当」と「ウソ」がいるって、なんでそんな風に感じるかな。私は頭でっかちでませていたので、子どものころから、おべっかを使ったり、思ってもないことを言ったりすることに自分で気づいていました。

そして、そのことに対して嫌悪感をもっていました。それでなんだろうね、他人といるときは「ウソの自分」と線引きをしていたように思います。

だから、本当の自分とか、ありのままで生きるとかにものすごーく憧れました。

でも、本当の自分ってどこ?本当の自分を探してると言いながら、私の中では本当の自分とは「生き生きとしていて、前向きで、行動力があって、明るい」といったイメージが既にできあがっていました。本当の自分を見つけたら、ゆで卵のカラをむいたみたいにツルっと中からこんな自分が出てくる、なんて本気で思っていました。

ありえねー。

自分探しというか、理想の自分になるために彷徨っていたんです。探していたのは、理想の自分のなるための方法でした。