ダメ元でアウトプット

セッションから24時間以上経ちました。

まだまだメモしていることがあるので、メモを元にアウトプットしていこうと思います。

私は比較的字を書くのが速いので、セミナーなどのメモを取る時には話すのとほぼ同じ速度で書くことができるのですが、余白にランダムに書いていくせいか後から見直すと何だろうこれ?となってしまいます。

上から順番に書こうといつも思うのですが、できあがったメモは並べ替えるのに時間がかかる暗号に仕上がっています。

その中で気になったフレーズを元にアウトプットしていきたいと思います。

まず、セミナーやセッションを受ける姿勢について。

自分のためにセミナーやセッションを受ける人と人のため例えばこれを学んで子育てに役立てようとか自分のセミナーで話をしようという気持ちで受けている人とでは、理解度が違うそうです。

自分のためにセミナーを受けるとは、困っていることを解決したい、自分が癒されたいなど自分の問題を解決するために受ける姿勢。私はもちろんこれです。他の理由はありません。

でも、この姿勢だと自分のものにできないことが多いそうです。一方、人のためにセミナーを受ける人は後でアウトプットすることが前提なので、人に説明する時にはこんな風に説明しよう、などと自分の中で噛み砕いていくため理解が深まっていくそうです。

確かに・・・私は自分のために一生懸命セミナーやセッションを受けてきましたが、いいこと聞いた~今日の学びは深いな~で終わっていました。それを活かす機会は未だ訪れていません。

実際に自分がセミナー講師になってアウトプットするような機会があれば必死になりますが、残念ながら私にはそんな機会はありませんので、ブログという形でアウトプットしたらいいよとP匠に勧められた次第であります。